vSphereの概要

 

vSphere5になって強化された部分をメモ
 
アーキテクチャの一本化

ハイパーバイザに関しては、2007年より2種類のアーキテクチャの実装を並行して提供していたESXとESXiをVMware vSphere 5ではESXiと呼ばれるアーキテクチャに一本化された

 

単一仮想マシン内に構成可能な仮想CPUコア数を最大32まで構成できるようになった

 

4コアの仮想CPUを8ソケットという形式で構成すること

1コアの仮想CPUを32個作成するような操作もGUIから行うことができる

 

1TBメモリ

単一仮想マシン上に構成可能なメモリサイズの最大値が1TBに拡大された

3Dグラフィクス

構成される仮想グラフィクスアダプタが3Dグラフィクスに対応するものになった。これにより、Windows Aeroなどの3Dグラフィクス機能を要求するアプリケーションを仮想マシン上で実行することが可能になった

 

仮想UEFI

最近のx86システムにはUEFI (Unified Extended Firmware Interface)と呼ばれるファームウェアの動作モードをサポートする製品がある。UEFIは従来型BIOSの後継にあたる規格であり、一部のOSはUEFIからの起動をサポート(もしくは必須と)している。

 

 

 

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1201/06/news120.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です