Vagrant基本操作

 

あっちこっちから話題となってるようなので今回にしっかり触ってみることにした

 

 

Vagrantとは

違う環境に移行可能な開発環境を簡単に構築・管理し、配布することができる開発環境作成ツール

virtualbox,vmware fusion等を利用して簡単にコマンドでサーバを立てることができる

 

環境

以下ソフトを設置する必要がある!(OSはmac基準で説明)

virtualbox

vagrant

vgrantのダウンロードは以下のURL参考

https://www.vagrantup.com/downloads.html

78MBぐらいだった

 

基本操作コマンド
vagrant box add (box name)(url)   boxを取得
vagrant box list  boxを確認

vagrant box -h

 使えるコマンドを表示
vagrant init {box name}  初期化し、現在ディレクトリからVarrantfileの作成する

vagrant up 

 box起動
vagrant box remove  box削除
vagrant ssh  起動したboxに接続 
vagrant suspend  スリープ

vagrant resume

 スリープ復帰
vagrant halt  終了
vagrant reload  再起動

vagrant destroy

 仮想マシンを削除

 

 

box作成・起動

仮想マシンを作ることと同じ概念であるboxを作成してみましょう。

 

centos64というbox名とurl指定しコマンド入力

vagrant box add centos64 http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.4-x86_64-v20130427.box 
sehwakim$ vagrant box list
centos64 (virtualbox, 0)

boxのリスト確認

 

vagrant init centos64 

vagrant initで初期化し、Vagrantfileの作成することができる(現在ディレクトリを見るとVagrantfileができていることがわかる)

vagrant up

起動

vagrant status 

ステータス確認

仮想サーバでssh接続

$ vagrant ssh 
Welcome to your Vagrant-built virtual machine.

[vagrant@localhost ~]$ pwd

/home/vagrant

作成したboxにssh接続

ifconfigを見るとこんなIPがでてる。

[vagrant@localhost ~]$ ifconfig -a 
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 08:00:27:C9:39:9E

inet addr:10.0.2.15 Bcast:10.0.2.255 Mask:255.255.255.0

httpdサーバ構築のため必要なインストール・設定をする

sudo yum -y install httpd
sudo yum -y install php
sudo service httpd start
sudo chkconfig httpd on
sudo service iptables stop
sudo chkconfig iptables off

後、ここからVagrantの特徴が目立つ設定であるが先ほどvagrant init {box name}で作ったVagrantFileの中身を見て

# config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"

から

config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"

↑上記のようにコメントアウトを外す

vagrant reload 

後はboxを再起動すれば終わり
192.168.33.10に接続してみると?

 

NewImage 

 

 

vboxnet1: flags=8843 mtu 1500
ether 0a:00:27:00:00:01
inet 192.168.33.1 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.33.255

なぜ192.168.33.10から接続できるかというとvagrantを入れる時点で上記のようなIPが登録されていたぽい

 

 

プラグイン設置・削除

プラグイン設置

$ vagrant plugin install sahara 

使えるコマンド確認

$ vagrant plugin -h

いれてあるプラグイン一覧

$ vagrant plugin list 
sahara (0.0.17)

設置されたプラグリン削除

$ vagrant plugin uninstall sahara

配布(エクスポート)

作成したboxを配布する際に使うコマンド

vagrant package --output my_centos.box

インポート

配布されたboxをインポートする際に使うコマンド

vagrant box add centos package.box

 

 

 

参考したページ:

http://www.webcyou.com/?p=4632

http://qiita.com/daichi87gi/items/d5da33c76295ee32a735

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1307/22/news076.html

http://qiita.com/yumi_a/items/a7b7d9ebc6b10b23a474

http://dev.classmethod.jp/server-side/virtual-box-vagrant/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です