dhcpdサーバ設定(with centos)

 

ポイント

同じネットワークにクライアントがあること

クライアントでdhcp関連設定はなし(ネットワーク設定でBOOTPROTO="dhcp"をすることだけ)

 

サーバ側設定

dhcpパッケージ設置
yum install dhcp

 

dhcpd.conf設定
vim /etc/dhcp/dhcpd.conf

option domain-name "example.org";
option domain-name-servers ns1.example.org, ns2.example.org; 

default-lease-time 600;
max-lease-time 7200; 

ddns-update-style interim;
ignore client-updates; 

#subnet 10.200.55.0 netmask 255.255.255.0 {
subnet 192.168.44.0 netmask 255.255.255.0 {
   option routers              192.168.44.128;
   option subnet-mask          255.255.255.0;
   next-server 192.168.44.128;
   #option domain-name          "domain.org";
   #option domain-name-servers  192.168.1.1;
   range                       192.168.44.2 192.168.44.254;
   default-lease-time          21600;
   max-lease-time              43200;
 
                  }

log-facility local7;

 

ネットワーク設定
vim /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1

DEVICE="eth1"
BOOTPROTO="none"
#HWADDR="00:0C:29:88:48:e3"
HWADDR="00:0C:29:88:48:D9"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
IPADDR=192.168.44.128
#IPADDR=10.200.55.128
NETMASK=255.255.255.0
TYPE="Ethernet"

 

ネットワーク&DHCPプロセス再起動
service network restart
/etc/rc.d/init.d/dhcpd start
chkconfig dhcpd on

 

dhcpd設定内容補充
option domain-name ドメイン名指定
option domain-name-servers ネームサーバーのホスト名, またはIPアドレス指定
default-lease-time 600; デフォルト貸出期間
max-lease-time 7200; 最大貸出期間
authoritative; 正当な DHCP サーバーであることの宣言
subnet 10.0.0.0 netmask 255.255.255.0 { ネットワークアドレスとサブネットマスク指定
range dynamic-bootp 10.0.0.200 10.0.0.254;

貸し出すIPアドレスの範囲指定

option broadcast-address 10.0.0.255;

ブロードキャストアドレス指定

option routers 10.0.0.1; ゲートウェイアドレス指定
filename

クライアントに読み込ませるブートローダーファイル(pxelinux.0)を指定する。

指定するパスは、TFTP のルートに対してのパスになるので注意。俺の場合は

"/var/lib/tftpboot/pxeboot"がrootディレクトリ

next-server
filename で指定するファイルをホストするサーバのアドレスを指定する。

next-server を指定しない場合、DHCP サーバのアドレスが使用される。 DHCP サーバと TFTP サーバを別にする場合などに使う。

 

クライアント側設定

 

ネットワーク設定1
vim /etc/sysconfig/network

NETWORKING=yes
GATEWAY=192.168.44.128
ネットワーク設定2
vim /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE="eth0"
BOOTPROTO="dhcp"
HWADDR="xx"
NM_CONTROLLED="yes"
GATEWAY=192.168.44.128
ONBOOT="yes"
TYPE="Ethernet"

にして

service network restart

すると192.168.44.2のIPがクライアントに割り当てることを確認

image

 

 

参考したページ:

http://www.obenri.com/_ntp_sshserver/dhcpconf.html

http://www.server-world.info/query?os=CentOS_6&p=dhcp

カテゴリー: pxe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です