net.ipv4.ip_forward設定を利用してforward機能を実現

 

目標

pxeclient側の方がインターネットできない。

pxeserver側はインターネットができるNICを持っている

pxeclient側がpxeserverを経由してインターネットができるようにする

 

図で見ると

 

image

上記図にも書いてある通りにpxeserver側にnet.ipv4.ip_forward設定を1にするとpxeserver側forwarding機能を持つ

pxeclient側はゲートウェイをpxeserverにするだけでよし

pxeserver側

forwarding設定

IPv4 転送の実行可否を決定する "net.ipv4.ip_forward"

/etc/sysctl.conf 
#net.ipv4.ip_forward = 0 
net.ipv4.ip_forward = 1

して再起動するか

echo 1 > /proc/sys/net/ipv4/ip_forward 


を設定すると再起動なしで即反映される

 

pxeclient側

routing設定

0.0.0.0 pxeserverの方に向くように設定

 vim /etc/sysconfig/network
GATEWAY=192.168.44.128

 

image

 

10.200.54.254(NAT)側

 

pxeclient側の設定まで行ったが、pxeclient側は通信できなかった。(pingを打つと特にエラーも出さずに止まっていた)

理由は???このNAT側の設定にあった。

image

上記図に書いてある通りに

  • 192.168.44.0ネットワークの戻り道を10.200.55.128に行けるようなroutingを追加すること。
  • iptablesでも192.168.44.0ネットワークの通信許可を設定
  • 192.168.44.0ネットワークの通信が外に出たい時グロバルIPに切り替わるように設定

この三つの設定を整えること

 

ここまでしてようやくpxeclientでネットワークができるようになったー!

 

エラー

destination Host Prohibited linux

対策:iptablesを止める

 

参考したページ:

http://www.itmedia.co.jp/help/tips/linux/l0097.html

http://d.hatena.ne.jp/eco31/20110221/1298260941

http://redhatlinux.kt.fc2.com/cont/router.htm

http://www.geek.sc/archives/347

カテゴリー: pxe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です